2006年01月10日

「約三十の嘘」

「約三十の嘘」.jpg


配給/アスミック・エース
公開/2004年
キャスト/椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、八嶋智人、田辺誠一、伴杏里

<story>
大阪駅構内に集まった5人の詐欺師。
3年ぶりに集合した曲者ぞろいの詐欺師たちを乗せた寝台特急が札幌へ向かう。
京都駅から合流する今井を加え、
久しぶりの“仕事”に、打ち合わせとケンカを繰り広げながら一路、北へ。

・・・。

仕事は無事終了、
用意していたスーツケースには大金がギッシリと詰まり、
全員、帰りの寝台特急へと乗り込んだ時のこと。

事件はそこで発生した…。

スーツケース。
1つの本物のキー。
そして4つのダミーのキー。

スーツケースを1人が管理し、
残り5人がどれが本物のキーか解らない状態で1つずつ持ち、管理し合う。
誰も抜け駆けできないようにと、決められたルールに従って…。

6人が互いの動きを監視し合う奇妙な旅。
そんな中で、“売り上げ金”のすべてが入ったスーツケースの紛失事件が起こる。

しかしその紛失は仕掛けられたもの。
6人が集まる部屋の中ですぐにスーツケースは見つかった。

しかし…。

確認のためスーツケースを空けようとする6人。

1つのキーと4つのダミー。
全員の目の前で順にキーでスーツケースを空けようとするが、
全てのキーがダミーのキーだった。

消えた本物のキー。
6人のうちの誰かがすり替えたのだった。

犯人は・・・6人のうちの誰か。

そこから犯人探しのゲームが始まる。
騙し、騙され、疾走する密室で彼らの嘘はどこへ向かうのか?

そして、最後に大金を手にするのは誰なのか?





DVDレンタルって“旧作4本”だと1000円なんだよね。
オイラの行ってるトコ。
んで、「ついで」に借りてみたのがコレ「約三十の嘘」でした。

期待はそんなに無く、
まっ、「どんなもん?」的に観たらすぐに大ハマリ☆
めちゃ面白くってオススメの一品です。

チーム・・とはいえ、
曲者ぞろいの“二流”詐欺師が6人も乗ってたら大変。

一人が「抜け駆け」なんて考えたら、
トリック、謎・・空のスーツケースに呆然とする5人の詐欺師になってます。

しかし、後半は失速。
もう少し謎めいたままラストまで行ってたら最高だったけど、
途中で犯人目線のストーリーに発展。
なのでストーリーにメリハリが無かったかなぁ〜とも思います。

それと、あくまで詐欺のテクニックじゃなく、
その後の詐欺師たちの騙し合いに焦点が当てられてるので、
詐欺のテクニックなどを見てスリル感を味わいたい方には拍子抜けかも。

椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、八嶋智人、田辺誠一、伴杏里。

役者さんたちも個性派ぞろい。
それぞれが“いい味”出してたなぁと思います。
posted by Ryuichi at 18:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。