2006年01月15日

「交渉人 真下正義」

「交渉人 真下正義」.jpg


「交渉人 真下正義」

配給/東宝
公開/2005年
キャスト/ユースケ・サンタマリア、寺島進、柳葉敏郎、水野美紀 etc...

<story>
2004年12月24日。
クリスマス・イブの夜に東京の地下鉄の最新鋭実験車輌が乗っ取られた。

最新鋭実験車輌。通称「クモ」。

最新鋭の実験車両の暴走により、
地下鉄の乗降客全200万人の命が危険にされされる。

そしてその犯人から名指しで指名されたのが警視庁の真下正義。
警視庁初の交渉人としてTVなどで露出が増えていた真下正義への挑戦だった。

真下とのゲームをリクエストした犯人。
その挑戦を受けて立つことになった真下。

地下鉄ジャックと同時に3つの爆弾も各所に仕掛けられ、
1つずつ爆発させて真下を追い込んでいく犯人。

テロと呼ぶべきか、
愉快犯の犯行なのか、
かつてない知能戦がChristmasの夜に繰り広げられていく。

一方、イブの夜に雪乃をデートに誘っていた真下。
待ち合わせ時刻が迫る中、事件の収拾はつくはずもなく、
雪乃は一人でクラシックコンサート会場へと入っていくが…。

仕掛けられた3つの爆弾。
その3つ目が真下の大切な人、雪乃に向けられてると犯人から知らされる…。





あくまでサブキャラにすぎなかった「真下」をクローズアップ、
今やシリーズ化した『踊る大捜査線』のスピンオフ作品の第1弾。

TVシリーズではコメディキャラだったが、
この映画では交渉人としての技量を発揮するキャラに変貌。
もっとも、弱々しい態度は相変わらずだが。

地下鉄車両をジャックし遠隔操作、
さらに東京各所に仕掛けた爆弾で真下を追いつめる犯人。
ハイテク犯に対して真下もITで応戦。

近代犯罪、または近未来犯罪を描いた感じで、
さらに、昔ながらの推理をブレンドさせて見応えのある映画に。

単なるスピンオフというより、
一つの作品として観ても充分楽しめる内容だと思います。

「踊る…」シリーズを知らなくても、
むしろ知らない人の方が楽しめる映画かもしれません。


関連記事
DVD三昧☆
posted by Ryuichi at 21:48| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。