2006年06月07日

「1リットルの涙」@ドラマ #7

「1リットルの涙」@ドラマ #7.jpg

第7話 「私のいる場所」

<キャスト>
池内亜也・・・沢尻エリカ
麻生遥斗・・・錦戸亮

池内潮香・・・薬師丸ひろ子
池内瑞生・・・陣内孝則
池内亜湖・・・成海璃子
池内弘樹・・・真田佑馬
池内理加・・・三好杏依

水野 宏・・・藤木直人

<ストーリー>
年が明け、
以前よりもっと人の助けが必要になった亜也。
移動は車椅子が中心になった。

その生活に見かねた学校側は母親の潮香を呼び、
養護学校へ転校してはどうかと持ちかける。
亜也たち進学校の生徒、1年生が進路を決めるこの時期に。

養護学校の件、
亜也の主治医に相談した潮香は水野からある親子を紹介される。
その親子が居る養護学校を訪ねる潮香。
出迎えたのは亜也と同じ病気を持つ一人の少女。
その子は昔、水野が担当していた患者だった…。

母親と話しをし、
少女と言葉を交わすうちに潮香の胸をよぎる思い、それは…。



<雑感>
自分が「一番」なんて夢にも思わない方がいい。
自分が「一番」と誇りを持っていたとしても…。

一人の人間に出来る事は、たかが知れてる。
卑屈になるんじゃなく、人は、人との暮らしの中でその能力を発揮する。
たった独りでは、その能力さえ活きてこない。

それは周りの人間もそう。
人を引き立てる代わりに、人に引き立てられる。
周りの人間を活かすのが自分なら、
自分は周りの人間に活かされて何事も成し遂げられる。

一人の人間に出来る事なんて、たかが知れてる…。


『それでも わたしはここにいたい
 だってここが わたしのいる場所だから』(by 木藤亜也)


迷惑をかけるだけかもしれない。
それでも、どこかで人の役にもたってるかもしれない。

自分を信じよう。
自分のことだ、誰よりも自分の理解者になろう。
posted by Ryuichi at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。