2006年06月02日

「1リットルの涙」@ドラマ #4

「1リットルの涙」@ドラマ #4.jpg

第4話 「二人の孤独」

<キャスト>
池内亜也・・・沢尻エリカ
麻生遥斗・・・錦戸亮

池内潮香・・・薬師丸ひろ子
池内瑞生・・・陣内孝則
池内亜湖・・・成海璃子
池内弘樹・・・真田佑馬
池内理加・・・三好杏依

水野 宏・・・藤木直人

<ストーリー>
骨髄小脳変性症…そう告知された亜也は、
決めていた覚悟も崩れてしまうほどの衝撃を受ける。
今の医学では「治せない」と告知されて…

絶望の中で一晩泣き明かすが、
翌朝、亜也はいつも以上に元気な姿で現れた。

カラ元気…。

まだ受け止められたわけじゃない。
すべてを乗り越えてみんなの前に立ってるんじゃない。

そんな亜也を見て、
遥斗は亜也の身に起こったことを感じ取って行く。

そんな最中、
亜也は花火大会の日、友達やクラスメートたちの前で倒れてしまう…。
その倒れ方を目の当たりにした妹の亜湖は疑問を抱き始める。

亜也は入院、
亜也の異変に気づき始めたまわりの先輩や友達たちは…。



<雑感>
人は誰も孤独。
生まれた時、母親も父親もいる。
でも、この世に生を受ける時はたった独りきり。

人のぬくもりは次の瞬間から。
最初も、最後も、結局人は独りきりなんだ。

欲しいのは強さ。

孤独を受け入れられる強さ。


『タイムマシンを作って過去に戻りたい
 こんな病気でなかったら
 恋だって出来るでしょうに
 誰かにすがりつきたくてたまらないのです』(by 木藤亜也)


現実から逃げ出したいのは、
現実を受け入れられないから。

結局、人は、

「逃げる」or「受け入れる」

・・この二つしかない。

でも…片側だけを見つめる事は出来ない。
強くなるためには弱さを知らなきゃならないように、
現実を受け止めるために逃げ出したい気持ちを知らなければ。

そこまで堕ちて、
それでも這い上がって人だけが本物の強さを見つけられる。

時には、カラ元気もいい。
それで未来(まえ)に進めるのならば。
カラ元気にも効用はあるのだから。
posted by Ryuichi at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18716543

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。