2006年06月05日

「1リットルの涙」@ドラマ #5

「1リットルの涙」@ドラマ #5.jpg

第5話 「障害者手帳」

<キャスト>
池内亜也・・・沢尻エリカ
麻生遥斗・・・錦戸亮

池内潮香・・・薬師丸ひろ子
池内瑞生・・・陣内孝則
池内亜湖・・・成海璃子
池内弘樹・・・真田佑馬
池内理加・・・三好杏依

水野 宏・・・藤木直人

<ストーリー>
二学期が始まった。
退院した亜也はまた通学を始めるが身体は自由を失っていくばかり。
みんなに迷惑かける自分を嫌悪していく。

そんな亜也を心から支えるのが遥斗。
けっして表には出さないが、遥斗は亜也の病状に気づき始め、
やがて来る辛い現実を少しずつ感じ取る。
やるせないその思いは、
現実から実感を得ることを嫌っていた遥斗の心に少しの変化を与え始めた。

亜也はみんなに迷惑かけないように、
水分を採ることまで控え、社会との関わりを自然と断っていくが、
その矢先、亜也はまた倒れてしまう…



<雑感>
失う事は怖い。

人な人を失う。大切な人を失う。
生きていればいつか、人は人の死と直面する。

友達だったり、好きな人だったり。
両親だったり、兄弟だったり、憧れていた人だったり。

自分で区切る別れもあれば、
自分では区切れない別れもある。

人は生まれてきた。
だったら、人は死んでゆくもの。それが道理。

信じたくなくても、いつか別れは来る。
その時にただ泣くだけなのか、フヌけてしまうのか、
人の真価は大切なものを失う瞬間に顕れる。


『もう あの日に帰りたいなんて言いません
 今の自分を認めて生きていきます』(by 木藤亜也)


失う事は怖い。

でももっと怖いのは、新しいものを得る気持ちを失う事。
人との別れは、新しい自分との出逢い。
その人が残してくれたものを心に刻む自分に未来が開ける。

希望の光は、絶望という暗闇の中でこそ見えるのだから。
posted by Ryuichi at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。